人気ブログランキング |

読書記録


ミステリーを中心とした読書記録※ネタバレ多数あり
by mysterylover
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
最新のコメント
6月は著者にとって何かし..
by オマケ at 23:59
>つけめんデリックさん ..
by mysterylover at 16:31
まず、警察が浄水器を検査..
by つけめんデリック at 02:47
メモ帳
※個人的な感想・評価(五つ星)です。
※ネタバレにつながる部分が多数あります。

<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

妖女のねむり

b0141535_0564373.jpg

男女2人ともが相手に生まれ変わりの出会いを感じている、という状況が長く続きこれはどうやっても物理的には説明できないのでは…と心配したところで一気に種明かし。人為的な転生が事細かに説明され納得できた。麻芸の殺害トリックも作者のマジシャンならではの手法が生かされていて面白かった。
★★★★(4)
by mysterylover | 2016-11-30 01:01 | 泡坂妻夫 | Comments(0)

金田一少年の事件簿 電脳山荘殺人事件

b0141535_23132425.jpg

 「琢磨」=犯人が女の可能性はもちろん考えたのだが、苗字だとは思わなかった。というか、メンバーのほとんどが名前にも思える珍しい苗字の持ち主というのはちょっと偶然がすぎると思う。とはいえ、琢磨が「アガサ」(と名乗る女性、実は「スペンサー」)と「乱歩」の密会を覗いている描写があったため、完全にアガサのことは嫌疑からはずしてしまっていた。なんともうまい叙述トリックだと思う。
 また、これはほかの方の感想を読んで初めて気づいたのだが(汗)、「ワトソン」=泉をアガサと見せかけているのもうまい。吉行=「ワトソン」と見せかけて「シド」なのも巧妙。
 漫画だと「!?」で描写が終わってしまい、その時金田一が何を考えているのかわからないが、小説だとその都度それがわかるのもよい。おどけた印象の強い金田一だが、実はかなりいろんなことを考えて行動しているのがわかる。
 全体的に見てかなりよくできた作品だと思う。最初に述べた苗字の件はややアンフェアな気もするがそれを差し引いてもかなりの評価に値する。
★★★★(4.5)
by mysterylover | 2016-11-29 20:26 | その他著者 | Comments(0)

[映]アムリタ

b0141535_18501875.jpg

 無意識のうちに二見が『アムリタ』によって定本になったのではないか、という真相に気づいていたような気もするのだが(やたら突っ込みが多いなど)やはりそれを実際に明かされたときは衝撃が走った。この小説を読み始めたときには、すでにもう二見は操り人形だったというのだから。そして、この作品を読んだ後に同作者の「パーフェクトフレンド」を読んだらもっとずっと楽しめただろうにと思うと悔しくて仕方ない。最原最早は「パーフェクトフレンド」において母親になっており(相手は二見!?結婚したのか!?)、彼女なら不思議な蛍の存在も作り出してしまえることをこの作品を読んだ後ならわかっているのだから。
★★★★(4)
2019年1月6日再読。
 「2」を読んで野崎まどの凄さに感動し再読したが本作も素晴らしい出来だ。「2」を読んだ後だとわかるのは「神様」「映画のオーダーメイド」などのキーワードが伏線のように使われているということ。本作を書いていた時点で作者が既に「2」のことまで想定していたのかどうかはわからないが、どちらにせよすごい。
 「2」の解説サイトを漁っていて目にしたのが95頁の「ナタリー」=最原最早説。たしかにかなりインパクトのあるキャラクターなのにちょっと話に出てきて終わりというのはやや不自然な気も。 
 「最後にそれが見たかったんです。二見さんのその表情。二見さんが命をかけて愛した相手に、実は二見さんが殺されていたと知った時の表情」って最早さん最高にぶっ飛んでますね(笑)二人のラブラブっぷりが「2」でも見られてよかった。
★★★★(4.5)
by mysterylover | 2016-11-05 19:01 | 野崎まど | Comments(0)


検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧