読書記録


ミステリーを中心とした読書記録※ネタバレ多数あり
by mysterylover
カテゴリ
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
最新のコメント
6月は著者にとって何かし..
by オマケ at 23:59
>つけめんデリックさん ..
by mysterylover at 16:31
まず、警察が浄水器を検査..
by つけめんデリック at 02:47
メモ帳
※個人的な感想・評価(五つ星)です。
※ネタバレにつながる部分が多数あります。

<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

聖母

b0141535_1334294.jpg

 真琴=男と思わせておいて女という叙述トリックと保奈美の娘=薫ではなく真琴(薫は真琴の娘)という叙述トリックが組み合わされ、ラストでかなりの衝撃を受けた。特に真琴が女性、というのは思ってもみなかった。剣道部の副主将をやっているし(この学校の部活は男女混合なのか?そんなところ今ある?)、女の子から告白されていてそれがよくあることのようだし(真琴は男言葉を使っているけれど女であることを隠しているわけではなさそう。ならば学校にはスカートの制服をはいていっているはず。そんな真琴に告白する女子がそこまでいるだろうか?)といった疑問が残った。
 さらに、保奈美が真琴の罪を隠すため行った隠ぺい工作だが、遺体の性的暴行の跡はどうやってつけたのだろうか?女である保奈美にそれが可能だったとは思えない。
 このようにちょっとミスリードがすぎるのではないか、と思う部分もあったが全体的にはよくできたストーリーだと思うし、「やられた!」という快感も味わうことができたのでよかった。真琴の殺人の動機が、自分のように娘もレイプされてしまうのではないかという恐怖から、保奈美の殺人の動機が、娘の犯罪を隠ぺいするため、というのを考えると「聖母」というタイトルも味わい深い。
★★★★(4)
by mysterylover | 2016-06-25 13:47 | その他著者 | Comments(0)

そして誰かいなくなった

b0141535_0525229.jpg

 主人公以外は全員グルで連続殺人は演技だった、という真相は東野圭吾の仮面山荘殺人事件を思い出させて拍子抜け。死体(本当は死んだふり)が冷たかったのも氷で冷やしていたからとか・・・好きな設定のはずなのに話にもあまり入り込めなかった。ただ、タイトルは秀逸だと思う。いなくなった「誰か」とは主人公、とみせかけて実はその父親(「連続殺人」の現場にはいなかった)というのは面白いと思った。
★★★(3.5)
by mysterylover | 2016-06-08 00:58 | その他著者 | Comments(0)


検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧