読書記録


ミステリーを中心とした読書記録※ネタバレ多数あり
by mysterylover
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
6月は著者にとって何かし..
by オマケ at 23:59
>つけめんデリックさん ..
by mysterylover at 16:31
まず、警察が浄水器を検査..
by つけめんデリック at 02:47
メモ帳
※個人的な感想・評価(五つ星)です。
※ネタバレにつながる部分が多数あります。

<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

夜よ鼠たちのために

b0141535_14364096.jpg

・「二つの顔」★★★(3)
 途中まではミステリアスな雰囲気で盛り上がりがあったが真相は拍子抜け。

・「過去からの声」★★★★(4)
 語り手が故意に捜査の妨害をしたというのは分かったが、まさかそれが岩さん=真犯人のためというのは衝撃的だった。途中で登場した「岩さんの子供」が誘拐されていた子供だったという大胆な演出にも驚かされた。

・「化石の鍵」★★★(3)
 取り替えられたと思われていた鍵が実際はそのままだったというだけのあっさりした話。

・「奇妙な依頼」★★★★(4)
 「犬のように悲しい目をした男は、二週間前のあの土曜の午後、オレに調査されるように依頼しにきたのではなく、調査されるように依頼氏に来たのだった。」の最後の一文に集約される物語。役割のすり替えの鮮やかさがさすが。

・「夜よ鼠たちのために」★★★★(4)
 「ダボ」と「信子」が想定されている人物とは違うのは予想通りだったが「被害者がまだ生きている殺人事件」というのは斬新で面白かった。

・「二重生活」★★★(3)
 愛人と思われていた人物が実は妻だったというおちなのだが、で?という感じだった。
[PR]
by mysterylover | 2013-02-16 14:49 | 連城三紀彦 | Comments(0)

紫蘭の花嫁

b0141535_13574574.jpg

 刑事部長が真犯人というのはなかなか衝撃的な真実のはずなのにさらっと明かされすぎていてもったいないように感じた。夏季と摩衣子が同一人物というのは割とすぐに分かってしまったし監察医が犯人とはとても思えなかったのでそこはやはりもっと盛り上げる演出をしてほしかったなと。更なる悲劇を予感させたまま終わるラストはなかなかよかった。
★★★(3.5)
[PR]
by mysterylover | 2013-02-11 14:06 | その他著者 | Comments(0)


検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧