読書記録


ミステリーを中心とした読書記録※ネタバレ多数あり
by mysterylover
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
6月は著者にとって何かし..
by オマケ at 23:59
>つけめんデリックさん ..
by mysterylover at 16:31
まず、警察が浄水器を検査..
by つけめんデリック at 02:47
メモ帳
※個人的な感想・評価(五つ星)です。
※ネタバレにつながる部分が多数あります。

<   2008年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

十字屋敷のピエロ

b0141535_9411267.jpg
 
 ピエロの人形が目撃した事件について語るという新しい切り口の物語。ピエロの目が見た「事実」を読者にフェアに提供する反面、ピエロが「無意識に」勘違いしていたこと、騙されていたこともそのまま読者に伝わるというところに面白みがある。
 ピエロが登場人物の名前を誤って認識していたがために「永島が宗彦に変装して殺されたふりをした」という真実は「宗彦が死んだ」にとってかわり、女性が飛び降りた後ピエロが東から北の廊下に移されたために(犯人たちによってしかけられた鏡のトリックも重なり)「頼子に変装した三田理恵子の飛び降り」が「頼子の自殺」にとってかわった。トリック自体は目新しいものではないが、ピエロの視点を取り入れることによって新鮮な印象を与えているのが好印象だった。
 ただ、佳織が頼子の復讐のために陰で永島を操り宗彦と三田理恵子を殺させ、永島を永遠に支配しようとしたというさらなるどんでん返しはやや蛇足に感じられた。
★★★★(4)
[PR]
by mysterylover | 2008-09-19 09:11 | 東野圭吾 | Comments(0)


検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧