読書記録


ミステリーを中心とした読書記録※ネタバレ多数あり
by mysterylover
カテゴリ
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
最新のコメント
6月は著者にとって何かし..
by オマケ at 23:59
>つけめんデリックさん ..
by mysterylover at 16:31
まず、警察が浄水器を検査..
by つけめんデリック at 02:47
メモ帳
※個人的な感想・評価(五つ星)です。
※ネタバレにつながる部分が多数あります。

<   2008年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

白夜行

b0141535_23271280.jpg
 
最初から最後まで息をつかせぬ展開で夢中になって一気に読み上げてしまった。雪穂と亮司のそれぞれの側で起こる謎めいた出来事の数々。最初は不可思議な気持ちでいたがだんだんこれはひょっとしたら・・・?と気づかせられる展開になっている。
 ぞっとするくらい冷徹な亮司と仮面をかぶり本心を決して見せない雪穂。この二人の関係はそれこそ持ちつ持たれつのドライな共犯者なのかと思っていたが、実はそうではなかったのかもしれない。物語が進むにつれ亮司は雪穂の成功(幸せ?)を常に影からサポートしていたのだということがわかるからだ。つまり亮司の犯した犯罪の数々も単なる利益追求ではなく雪穂成功のためのステップだったのだと考えられる。
 そしてなんとも印象的で胸をうったのがラストのシーン。警察に見つかった亮司は事故か自殺か分からない死を遂げる。それを見た雪穂は表情を変えることなく「知らない人です。」と言い切りその場を立ち去る・・・。これは「お前の(俺たちの)成功を邪魔しないために俺は死ぬ、だから後は分かっているな?」という亮司からのメッセージを雪穂が汲んだのではないだろうか。このとき初めて二人の関係の本質を垣間見た気がした。この物語は読んでいけば謎はすべて自然にするすると解けるようになっている。だからこそ最後のどんでん返しともいうべきものがここにこめられているように思えた。
 二人の心情が一切語られることのないまま終わるからこそこれだけの余韻があり、感動があるのだと思う。それだけにドラマの内容は(幸いドラマを先に見ることはなかったが)正直どうにも解せない。この作品のよさをすべてそぎ落としてしまったような気さえしてしまうのである。
 しかし、この小説は本当に素晴らしかった。「これを読まなくては人生を損するところだった。」、「この本に出会えて幸運だった。」と思える数少ない作品の一つとなった。
★★★★★(5)
by mysterylover | 2008-07-10 11:17 | 東野圭吾 | Comments(0)


検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧