読書記録


ミステリーを中心とした読書記録※ネタバレ多数あり
by mysterylover
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
6月は著者にとって何かし..
by オマケ at 23:59
>つけめんデリックさん ..
by mysterylover at 16:31
まず、警察が浄水器を検査..
by つけめんデリック at 02:47
メモ帳
※個人的な感想・評価(五つ星)です。
※ネタバレにつながる部分が多数あります。

<   2008年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

家守

b0141535_1022190.jpg

 「家」にかかわる五つの事件を描いた短編集。
・人形師の家で
 継母の影響で女嫌いになった男は自ら石膏像をつくり理想の女性を得ようとする。そんなある日、ついに彼の思いが通じたのか石膏像が人間としてのぬくもりをもった。彼は彼女を抱きしめたが、目覚めると石膏像は砕けていた。夢だと思っていた地震が現実で、現実だと思っていた彼女のぬくもりこそ熱病の中での夢だったのだと悟った彼はその場に泣き崩れる―
 神話をモチーフとした始まりで最初は少しとまどったが、この伏線が物語に見事にいかされている。
 主人公の母は父を刺し殺した。遺書で明かされた本当の理由。母は昔上述の男の家に家政婦として働きに行ったことがあった。そしてつい好奇心から地下室を覗き、石膏像を壊してしまった。そこへ男がやってきたので母は石膏像に成りすまそうと自分の着衣を脱ぎ捨て、石膏像が着ていたナイトウェアを身にまとった。男は母を抱きしめ、唇を奪った。それで母は体で償えということなのだと理解し観念した。その時の子が主人公であり、それが父にばれ暴力をふるわれたから思わず刺殺してしまっていた、といのである。
 母と男の間に完全なる思い違いがあったために生まれてしまった悲劇。やるせなさは残るが、神話的な話をきちんとリアリズムをもって解決しており好印象。
★★★★(4)

・家守
 暖房器具の排気口の先端に電気掃除機のホースを接続し、室内の空気を吸い出すことによって窒息死させる、というトリックはコナンとかでありそうだな、くらいの印象だったがそれよりも秀逸なのは、最初に笙子が首を絞められて殺されたかのようなミスリードが非常にうまくいかされている点である。
 殺された笙子は行方不明になった妹がいつ帰ってくるかわからないから自分はずっと待っていなければならない、という理由で家の立ち退きを頑なに拒んでいた。しかし、実はその妹は子供のころ笙子が絞殺し、母に従って家の庭に埋めたのだった。だからこそ笙子は家を離れられなかったのだ。ミスリードのシーンは笙子が殺される場面ではなく笙子が妹を殺した場面だったのである。この構成がなんともうまく素晴らしかった。
★★★★(4)

・埴生の宿
 呆けてしまった老人の息子役を演じるというバイトを引き受けた主人公は、老人の「逃げなさい」という切羽詰まった言葉と玄関で自分の靴を含む履物という履物がまったくないのを目の当たりにしたことから思わず約束を破って家の外に出てしまう。その後窒息死した主人公がトラックの荷台から発見された。
 さも何らかの悪意によって殺されたかに見える主人公だが真実は違う。彼が目隠しをして連れて行かれたバイトの家はビルの屋上であり、濃い霧の中塀を乗り越えてしまった結果、パーカのフードが衛生放送のアンテナに引っかかり窒息死してしまった、というのだ。
 元芸能人だった父の名誉と娘のタレント生命のために主人公にそこがビルの屋上であることを隠したがために起こった事件。事件そのものよりもこの家に絡む人々の心情のほうにスポットがあてられているように感じられた。
★★★(3.5)

・鄙
 人里離れた山で一人の男が密室で首を吊って死んでいるのが発見された。酔った彼が村人によって運ばれた後のことだった。酔った男を運び最後に二人きりになった芳夫が犯人であり、被害者を発見した際に鍵をこっそり部屋に戻したというあっさりした解決で事件は幕を閉じたかに見えた。しかし―実の犯人は酔った被害者が自宅に運ばれた際主人公たちと一緒に酒を飲んでいた医者だった。
 からくりはこうだ。その時すでに被害者は殺されており、村ぐるみで隠蔽が行われた。さもその時に被害者が生きているかのように見せかけたのだ。そして芳夫は犯人のダミーとしての役を全うした。
 普通ではありえないような話だが人里離れた村だからこそ、個よりも集団を尊重し、皆の利益を第一優先に考える。その結果、この村を医者がいないかつての状況に戻すわけにはいかない、として芳夫を犯人にすることにしたのだ。それではあまりに芳夫がかわいそうな気がするが、この村で生きていくからには警察から戻ってさえくれば彼は村のために体をはった英雄として迎えられなにもつらいことはないという。独特の世界に生きる彼らだからこそできたトリックなのだろう。
 探偵役である主人公の兄が結局真実を警察に知らせなかったのもわかるように思う。
★★★(3.5)

・転居先不明
 誰かの目線を感じると訴える佳代。夫がだした答えは昔今自分たちが住んでいる家で4人の人間が殺されたというものだった。
 連続殺人犯によって3人の家族が殺され、息子だけは正当防衛で犯人を殺し助かった―の図式に見えたその事件。真実は息子が衝動的に家族を殺し、そこにやってきた連続殺人犯をも殺し彼に罪をなすりつけようとしたものだった。この事件だけでも二つのどんでん返しがあり(一つは真犯人が息子であること、もう一つは動機が家庭内暴力をふるう父から母を守るため、ではなく自らが家庭内暴力をふるっており「アドレナリンが出た」というだけの理由だったということ)驚くが、さらにこの物語は技巧が凝らされている。
 この事件のことを夫から聞いた佳代はいろいろ不可思議な現象にあい、震え上がる。しかしそれは佳代が実家に帰ってくれればいいのにと考える夫による工作であり、事件がその家でおきたというのも嘘だった。エイプリルフールだしうまくいかなくても冗談ですませてしまえばいい、それくらいの軽い気持ちだった。そして妻はその事実に気づく。風呂場で細工を終えた夫は石鹸で足をすべらせて死んだ。あなたなんか滑って転んで尻餅でもつけばいいのよ―佳代はそう思っただけだったのに。プロバビリティー(確率)による犯罪を目論んだ夫が逆にそれによって死んでしまったというところにこの事件の面白さがある。
★★★★(4)
 
[PR]
by mysterylover | 2008-06-26 11:03 | 歌野晶午 | Comments(0)

天空の蜂

b0141535_9464669.jpg

 理系的要素が多く、そちらの方面にはとんと縁のない自分としては難しくてついていけない部分も少なからずあったがそれでもテンポの良いサスペンスで最後のほうは一気に読みあげてしまった。
 犯人は最初からほぼ分かっており、そこに意外性などはない。ただ、最後の最後で明かされた犯行の動機が復讐ではなく、自分の息子の自殺を通し気づいた「沈黙する群衆」に一石を投じたいとの思いからだったというのは深く考えさせられるものがあった。三島の最後の「『新陽』に落ちたほうがよかった。そのことにいずれみんな気がつく」という台詞がなんとも印象的であった。
★★★(3.5)
[PR]
by mysterylover | 2008-06-26 10:09 | 東野圭吾 | Comments(0)

「Y」の悲劇

b0141535_22443358.jpg

 有栖川有栖、篠田真由美、二階堂黎人、法月綸太郎の4者によるエラリー・クイーンの「Yの悲劇」に捧げる華麗なる競演、という設定で書き下ろされた一冊。

・あるYの悲劇 有栖川有栖
 被害者が遺したダイイングメッセージ「やまもと」という台詞と壁に描かれた「Y」のメッセージが事件のカギとなっている。
 山崎という苗字を「やまもと」と読むことがあるという事実は言われても自分の無知を棚にあげ「はぁ、そうですか。」くらいにしか感じられなかったが、壁に描かれたYは下の階に住む人間が犯人であることを指し示すため「↓」と書こうとして手元が狂ったというのは割と面白かった。垂直方向を明確にさせるためにわざわざ壁までいって書いた、というのも説得力があるし、そもそも被害者が指していたのはギターではなく床(下)だった、というのも頷ける。
★★★(3.5)

・ダイイングメッセージ《Y》 篠田真由
 どこか演技がかったような文章であるのに厭味を感じず素直に読める印象。「Emi、君は鏡の中からやってきたアリスだったんだ。」の謎めいた一文が謎ときとからまってうまくいきている。  自殺したEmiが遺した「Yが殺す」の文字の真意。それは双子の兄、蓉のイニシャルではなくY染色体のことだった。つまりEmiは性同一障害であり、Y染色体によって決定された男の体が、女である自分を殺す、と言いたかったのだ。だからこそEmiは鏡の中からやってきた「裏返しの」アリスだったのだ。なんとも切ない話である。
★★★★(4)

・「y」(注:この文字は斜めに傾いている)の悲劇―「y」がふえる 二階堂黎人
 同作者による「奇跡島の不思議」なる作品の登場人物が出ているらしく、作中でおもしろおかしく宣伝もされているわけだが、その作品が未読であることをおいてもなんだか話にうまくついていけない、というか入っていけない。ダイイングメッセージの「Y」も、作者にこの小説を書けと強く命じた講談社文庫の出版部長、内藤裕之氏の内という字の書きかけであった、などというわけのわからないおちで納得がいかない。無理やりこの作品を書かされることになったからなんとか適当にごまかして終わらせようとしたのではないか、とさえ勘繰ってしまう。辛辣な言い方をさせてもらえばごまかせてもいないし笑いもすべてすべってしまっている印象。
★(1)

・「イコールYの悲劇」 法月綸太郎
 「=Y」のダイイングメッセージの使い方、犯人の意外性、犯行の動機すべてにおいてきっちり丁寧に作りこまれた傑作。
 「=Y」は下に書かれた文字の訂正と継ぎ足しの記号であり、そこから犯人の名が易々と推測できるというのには驚いた。下に書かれた文字の伏線のはり方も不自然さがまったくなく見事としかいいようがない。
 浮気している旦那を見はっている妻、という構図によって成り立ったアリバイがまさか妻と旦那による口裏合わせの上に成り立っていたとは。これもまた非常に衝撃的だった。
 そして妻、翠が妹を殺した犯行の動機(と推測されるもの)もなかなか例をみないものだ。妹が旦那と以前関係をもったからでもなく、妹の保険金で旦那の借金を返すためでもなく、旦那を思うがままに操って共に犯罪に手を染めることで弱みを握り、永久に自分の手から逃れられないように縛りつける、ただそのためだけに、というのだから。なんとも複雑な危うい人間の感情をリアルに描けていると思う。
★★★★(4.5)
[PR]
by mysterylover | 2008-06-25 23:34 | その他著者 | Comments(0)

どんどん橋、落ちた

b0141535_21315868.jpg

 綾辻行人自身が事件を考えていくという形式の作品集。筆者の内面にかかわる記述もいくつか見られる。
・「どんどん橋、落ちた」
 エラリイ、アガサ、オルツィ、カーなどの名前が並ぶものだから「十角館の殺人」を想起してしまった。これも作者によって張り巡らされた罠の一つだろう。アリバイないしは物理的側面から全員に犯行は不可能と思われた。しかし解答にはしれっとエラリイの名が記されている。犯行に使われたというロープは小学生の体重さえささえきれないような代物であったのに、どうして大人のエラリイが渡れたのか、エラリイが犯行後に使ったとされるルートではリンタローに目撃されているはずなのにリンタローは「あの橋を渡ったものは人っ子一人いなかった」と証言しているのはどういうことか、といった反論が当然のように綾辻行人からでてくる。しかしその答えは簡単明瞭、エラリイは人間ではなく猿だったのである。この答にはかなりの衝撃を受けた。しかし確かにエラリイが通ったとされる時間には犬であるタケマルは激しく吠えたという伏線があり、人・人間という言葉は一度も使われていない。賛否両輪あるだろうが、個人的には見事にすがすがしく騙された!という印象。
★★★★★(5)

・「ぼうぼう森、燃えた」
 どんどん橋、落ちたのシリーズなだけに「もう騙されないぞ」と思って読んだもののまたも見事に騙されてしまった。まぁその「騙された!」という感覚がたまらなく好きでミステリーにはまっている部分も大きいのだが・・・
 この事件の犯行には色の識別ができることが不可欠であり、そのため犬には犯行は不可能ということになる。しかし犯人は犬たちの群れのなかのタケマルだという。一体どういうことなのか。実はタケマルは犬によって育てられた人間であり、そのため犬語を話したりはするが人間としての能力を持っているというのである。そしてタケマルについて「昔からあまり鼻が良くない」、「仲間たちに比べて運動神経が鈍く、健康を損なうことも多い」、「なかなかの知能の持ち主」などの記載があり、今回も伏線はばっちりはられている。全員が実は猿であったことを隠していたどんどん森とは対照的に犬の群れの中に人間を1人忍ばせたぼうぼう森・・・見事である。
★★★★(4.5)

・「フェラーリは見ていた」
 作中にでてくる「フェラーリ」は実は車のことではなく馬の名前、という点にすべてが集約されるといっても過言ではないような話。おっとりした奥さんが語り手であること、酔ったU山さんが話の途中でちゃちゃをいれてくることでぎりぎり成り立っている。しかし伏線のはり方もやはり見事であとから読み返すとなるほどと思わされる。
★★★★(4)

・「伊園家の崩壊」
 サザエさんのパロディであることから、影のある登場人物たちをなんとも複雑な心境で見てしまった。一家全員が死んでしまうところなどなにかやるせないゾッとするものがある。
 自殺を他殺に見せかけるために使った笹枝のトリックが一つ目の見せ所。飼い猫のタケマルの首に糸と紙でつないだ凶器を結び、自らの頸動脈を切る。血しぶきに驚いたタケマルは唯一あいていた窓から逃げ出しいつもの習性で池に飛び込む。すると紙が切れ凶器は池に沈む、という仕組みである。
 そして二つ目はタケマルの死。タメマルの死は牛乳に混ぜられた毒物が原因だったが、タケマルには「よし」と言われるまで勝手にものを食べたり飲んだりはしない性質があった。そしてタケマルがそれを飲まされたのはいつもなら笹枝が夕飯の準備を始める直前だった。そんな危険な時間に犯人が犯行をおこなったのはなぜか?という疑問からそれは笹枝の死を知り得た若菜が犯人であるからだという答えに結びつく。若菜は自殺するための毒薬の実験台にタケマルを利用したのだ。
 二人の自殺と一匹の殺害事件が絡み合うことによって事件が複雑化して見えるよう、うまく仕組まれている。しかしなんといっても印象的なのはやはりこの恐ろしいパロディだった。
★★★★(4.5)

・「意外な犯人」
 唯一これは犯人が分かった。とはいえ綾辻行人同様犯人の氏名は答えられていなかったので「正解」にはならないのだろうが。小説ではなく映像の話という点を最大限に生かした話。ただやはり犯人は分かりやすいように思う。
 それにしても最後の一文、「無数の蟻たちによって内部から喰い荒らされつつある大きな甲虫・・・貪欲に群がる赤い蟻の一匹が、僕だった。」に込められた作者の真意をぜひ知りたいものである。
★★★(3.5)
[PR]
by mysterylover | 2008-06-24 23:42 | 綾辻行人 | Comments(0)

週末婚 

b0141535_2027498.jpg

 息をつかせない展開で姉妹のどろどろした争いはいかにも昼ドラ的。二人がうわべだけは仲のよい姉妹の会話をしながらも、自分のほうが幸せだというのを誇示しあう実家でのシーンはなんとも興味深い。人間のもつ嫌な面が見事に描かれている。小説を読んでいると主人公に肩入れしてしまうことが多いのだがこの本の場合、どの登場人物もそれぞれ「嫌なやつ」に思えるのも印象的だった。
 それとは別に、個人的にはやや理解に苦しむ部分もあった。
 今まで姉に逆らったことのない月子が、「私は豹と結婚します。お姉ちゃんに滑稽でエッチな思いさせて悪いけど、私は豹と結婚します」とまで言い切ったのはなんとも爽快であった。しかし、月子はその後自ら自分たちはもう別れたと嘘をつく。相手の親の前で堂々と嘘をつく陽子、そんな陽子を自分よりはるかに優秀な人間として評価する両家の親、肝心な時にそばにいてくれない豹・・・いろんな思いがあっての行動だったとは思うがやはり納得がいかない部分も大きい。「あなたは私の命と同じだったのよ」とまで言うのならどんなに惨めでも自分のことを想ってくれる豹にしがみついていくのが普通ではないだろうか?まぁ普通ではない展開だからこそ話は盛り上がるわけだが・・・
 陽子の結婚相手、純の心理もいまいち理解できない。陽子に「しらけた」と言いつつもとことんまじめに結婚生活と取り組むことに快感を覚える、などとは普通の感覚では言えないだろう。そんな純だからこそ屈折した陽子の本当の内面に気づけたのだろうが。
 「週末婚」のもつ良い面を描ききった後、その対となる悪い面を描き、しかし最後には週末婚というものの可能性を仄めかして終わる構成はよくできていると思う。やはり週末婚には問題が多いように思うが、結婚の一つの形としてありかなしかと言われればやはり「あり」なのだろうと感じた。
★★★★(4)
[PR]
by mysterylover | 2008-06-24 21:21 | その他著者 | Comments(0)

孤島パズル

b0141535_2225566.jpg

 全体的に文体が固くやや読みにくく古風な印象。
 犯人は犯行の際に泳いで犯行現場へ→自転車でみなのもとへ→自転車で犯行現場へ→泳いでみなのもとへというルートをとっており、その理由・それができた人間を理詰めで考えれば犯人が分かるというなんとも論理性が主体の物語。まず最初に犯人が泳いでいったのは予定していたボートが使えなくなっていた上に自転車の場所には人がいたため、自転車で一往復したのはライフルを濡らさずにもって帰りたかったから、そして犯行を泳ぐことのできない人物になすりつけるため、犯人が泳いでいった事を皆に気付かれないようにしなくてはいけなかったから・・・そしてそのことから導き出される答えは犯人はあらかじめライフルを犯行現場へ運ぶ事のできたマリアだけになる、だ。言われて見ればなるほどと思うが自分の少ない頭では到底答えにたどり着けそうに無いややこしい問題だ。
 先に殺された須磨子・完吾親子の密室殺人・須磨子が完吾に覆いかぶさるようにして死んでいた謎は、自らの死を悟った須磨子が父の遺産を夫に遺すために自分が父の後に死んだよう見せかけようとしたこと、2人が死んでいくのを誰にも邪魔させないために鍵をかけたことが原因ではないかと述べられておりそちらの方が素直に驚きと納得を感じる事ができた。
 難しい話ではあったがよくよく作りこまれた論理的な作品だと思う。
★★★(3.5)
[PR]
by mysterylover | 2008-06-18 22:27 | 有栖川有栖 | Comments(0)

レイクサイド

b0141535_22291373.jpg

 浮気相手を殺してしまったと妻に告白された俊介は、周囲の人々に勧められその犯罪を隠蔽しようとする-それだけで十分はらはらどきどきさせられるストーリーだが、もちろんそれだけで終わる東野圭吾作品ではない。
 実は犯人は妻ではなかった。この事実が俊介の口から告げれた時はかなりの衝撃を受けた。そしてさらに驚いたのは真犯人は4組の夫婦のうちの誰かの子供、ということだ。犯人が子供であるというのも驚きだがそれはまだ経験したことのあるストーリーではあった。しかし犯人は4人のうち誰か分からず、だからこそ4組の夫婦はその殺人を皆で真剣に協力し合って隠蔽しようとしていたというのだ。納得がいかない気持ちも多少あったものの、それより遥かにこういった犯人の決め方(可能性)に感動する気持ちのほうが大きかった。
 章太が不自然な行動をとっていたので最後に章太によって俊介が殺されるのではないかと思ったがその予想も見事に裏切られた。章太は俊介のことを思って行動しており、そのことに気づいた俊介もついにはこの事件を隠蔽することで物語に決着がつくのだ。この結果については賛否両論あるように思う。しかし、小説の観点からすれば想像外の、決して型にはまらない結末として評価に値するのではないだろうか。
★★★★(4.5)
[PR]
by mysterylover | 2008-06-12 22:44 | 東野圭吾 | Comments(0)

ゲームの名は誘拐

b0141535_2213742.jpg

 普通に物語としてテンポがよく面白く読めた。さらにその上最後のどんでん返しも見事にきまっており爽快。
 樹理も葛城も怪しいとは思ったがまさか2人がつるんでいたとは。そして樹理の正体が実は千春で、樹理を殺してしまった千春の犯行を佐久間に押し付けるための「ゲーム」だったとは。いやいや、そうではない。さらに衝撃的なのはその事実に気づいた佐久間は葛城によって殺されるのではなく、その実力を認められて物語は幕を閉じるのだから。樹理(千春)に愛着を感じてしまった葛城がこっそり撮った写真がまさか最後にあんな形で生きてくるとは見事なものである。千春の行動による「真のゲーム」の伏線のはりかたもわざとらしすぎず、でも十二分に読者にヒントを与えており見事な匙加減だ。
 3人が3人とも「悪者」であり、誰も捕まることなく飄々と描かれるラストもなんとも印象的であった。
★★★★(4.5)
[PR]
by mysterylover | 2008-06-12 22:37 | 東野圭吾 | Comments(0)

嘘をもうひとつだけ

b0141535_834170.jpg

 5つの短編集が収録された加賀恭一郎シリーズ。
・「嘘をもうひとつだけ」★★★(3.5)
 トリックはバレーならではといった感じでバレーに心得のない自分としてはあまりぴんとこなかった。ラストの「あたしが隠したかったのは、弘子さんの要求に一度でも応じてしまったことよ。それによって、十五年前の舞台が偽物だということを、あたし自身が認めたことになってしまった。あたしはもっと毅然としていればよかったのよ」「嘘を隠すには、もっと大きな嘘が必要になる」「人生においてもね」という犯人と加賀のやりとりがなんとも印象的であった。

・「冷たい灼熱」★★★★(4)
 妻と子を殺した夫による狂言かと思いきや、車に放置した子供を殺してしまった妻の狂言とその妻を殺した夫の狂言という二重の狂言で成り立っていた事件。夫が犯人であると分かっていながらもなにかちぐはぐな感じがしたのはそのためであった。パチンコに依存し息子を車に放置して殺してしまい、それを狂言によって隠そうとした妻。それに気づいた時の夫の心境を思うとなんともやるせないものがある。

・「第二の希望」★★★(3.5)
 こちらもトリックはアクロバティックなもので独特な印象をうける。娘が犯人だと知った母親はまずどちらもが疑われないよう画策し、最悪自分を犯人に仕立て上げようとした。「第二の希望」として。娘への期待でいっぱいだった母親の気持ち、そしてそんな母親に恋人ができたと知った時の娘の気持ちが絡み合って事件を重みのあるものにしている。

・「狂った計算」★★★★(4)
 AがBを殺しCがBのふりをする。Cは第三者の前に姿を見せAはその間のアリバイを作る。しかし、計画の途中でBのふりをしたCが事故で死んでしまった。Aは途方にくれながらもCの死体をBとして火葬した・・・これが加賀刑事による仮説で十分説得力のあるものであったが実は真実は違っていた。BはAとCの計画に気づきCを返り討ちにしていたのだ。そしてその後Bは事故にあった。Aが隠していたのはBの死体ではなく愛したCの死体だったのだ。このどんでん返しが見事でおもしろかった。

・「友の証言」★★★(3.5)
 妻に睡眠薬を飲まされ殺されかけた(といっても未必の故意で)事実に気づきながらも、見てみぬふりをしようとする友人に加賀恭一郎が迫っていく物語。動機やトリックはほとんど重視されておらず妻の犯行に気づきながらもそれを信じたくないと思う被害者の心情にスポットがあてられていた。
[PR]
by mysterylover | 2008-06-07 09:10 | 東野圭吾 | Comments(0)

どちらかが彼女を殺した

b0141535_22312315.jpg

 最後まで犯人がどちらかは明かされず読者にまかされる、という新しいパターンの推理小説。個人的にはやはり最後まで描ききってほしいと思う。どんなふうに犯人をやりこめるのか、犯人はどんな申し開きをするのか等をじっくり読み味わいたいたいからだ。自分が推理する力がないからというのも大きな理由だが・・・
 結局この話では「利き手」がポイントとなって犯人が分かるようだがそのへんは言われてもあまりピンとこない。それよりもこの話で一番印象深かったのは園子への潤一と佳世子の裏切りだ。特に潤一の裏切りは「どうして」と思ってしまう。園子はそのままの潤一を愛していたのに・・・最後園子を殺す事を思いとどまったのは潤一であってほしかったとも思う。だからこそラストに潤一の本当の心情が描かれなかったのは残念でならない。
★★★(3.5)
[PR]
by mysterylover | 2008-06-05 22:39 | 東野圭吾 | Comments(0)


検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧