読書記録


ミステリーを中心とした読書記録※ネタバレ多数あり
by mysterylover
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
6月は著者にとって何かし..
by オマケ at 23:59
>つけめんデリックさん ..
by mysterylover at 16:31
まず、警察が浄水器を検査..
by つけめんデリック at 02:47
メモ帳
※個人的な感想・評価(五つ星)です。
※ネタバレにつながる部分が多数あります。

カテゴリ:麻耶雄嵩( 5 )

夏と冬の奏鳴曲

b0141535_4504933.jpg

b0141535_4502250.jpg


 正直一読したときはわからないことだらけであり、なにこれ?という感想だった。しかし、解説サイトを読みだいぶ理解することはできた。
 「和音は、シナリオで描かれたような交通事故の体験者を捜し、ようやく見つけました。それが烏有だったのです。つまり、シナリオが烏有の体験を予言したのではなくて、シナリオにたまたま合致した体験者だったから、烏有はこの事件に巻き込まれたというわけです。そして和音は、シナリオにそって、桐璃を烏有に近づけました。これまた、映画が二人の出会いを予言したわけではなく、映画に合わせて出会いが演出されたというわけです。つまり、烏有の存在価値というのは、彼が偶然、シナリオに合った過去を持っていたということに過ぎなかったのです。」という説明にはだいぶ納得したが、それにしても作中人物の心理描写などこうも似通るものだろうか?という疑問も残る。
 「左目を失った“うゆーさん”の桐璃が“退場”させられるとともに、それまで隠れていた“うゆうさん”の桐璃が登場するという、陳腐で残酷な双子トリックによる“復活”の演出こそが編集長(和音)と武藤の計画の要点であり、また烏有には“奇蹟”を目にしてそれを裏付ける――間違いなく同じ“桐璃”である(別人ではない)ことを保証する――視点の役割が与えられていた、ということになるのではないかと思います。」という説明にも納得させられた。その結果“うゆーさん”の桐璃ではなく“うゆうさん”の桐璃が選ばれたというのもなんともやるせない話だ。
 「視点人物の主人公が犯人である」というのは割とよくあるパターンだし驚きは少ないが、上記の二点には驚かされる点も多かった。
 それでも天変地異とも思われる自然現象はなんだったのか、という疑問は残るし、「メルカトル鮎の一言がすべてを解決する。」というのは誇大広告ではないだろうか?
★★★(3.5)
[PR]
by mysterylover | 2017-12-26 05:11 | 麻耶雄嵩 | Comments(0)

隻眼の少女

b0141535_14384468.jpg

 探偵が犯人によって用意された偽の証拠にミスリードされる様を緻密に描いた作品、とみせかけてその実その探偵こそが犯人で全ては自作自演というもの。犯人であるみかげのキャラクターが魅力的なものであるだけにその真実への衝撃が増している。
★★★★(4)
[PR]
by mysterylover | 2014-08-01 14:45 | 麻耶雄嵩 | Comments(0)

貴族探偵対女探偵

b0141535_14441957.jpg

 女探偵が貴族探偵が犯人であるという間違った推理をし、貴族探偵の使用人が真相を暴くという図式の連作短編集。それぞれの話は特に心に残るものは無く、逆叙述トリックなども使われていたようだがそもそも登場人物がうまく整理できなかったのでよく分からないまま終わってしまった。最後の事件でついに真相をつきとめた女探偵を雇っていたのが実は貴族探偵、というおちは素直に面白かった。
★★★(3.5)
[PR]
by mysterylover | 2014-01-26 14:48 | 麻耶雄嵩 | Comments(0)

こうもり

b0141535_12432392.jpg

作者お得意の逆叙述トリックが仕掛けられており一読しただけではわけがわからなかった。登場人物たちが大杉だと思っている人物は実は貴生川敦仁であることを読者にのみ地の文で明かしているというもの。貴生川敦仁が絵美の恋人であるかのようなミスリード真実を巧みに隠蔽している。なんとも先鋭的な作品だと思った。
★★★★(4)
[PR]
by mysterylover | 2013-12-19 02:06 | 麻耶雄嵩 | Comments(0)

神様ゲーム

b0141535_1845867.jpg

 児童向けの作品となっているようだが、とてもそうは思えない壮絶ものの内容。というかこれは児童に読ませてはいけないような・・・
 「鈴木君」という「神様」が事件の真相を断片的に主人公に伝えるという手法(主人公のいう「神様ゲーム」)が、本来読者が知りえない「絶対的真実」を明示するのに非常に有効な手段となっている。「神様」のいうことに嘘はなく、ただし知っていることすべてを教えてくれるわけではない。与えられたピースから主人公と同じように読者は真実を探るしかないのだ。
 主人公の親友である英樹の死体が発見され、警察である主人公の父親によって現場検証が行われるが犯人が隠れた形跡は見当たらない。事故死としてかたづけられてしまいそうになった事件だが、鈴木君によって主人公の疑い通りこれは殺人であることが告げられる。主人公の捜査により井戸の蓋を利用して犯人が隠れていた可能性が浮かび上がる。ただしそれができるのは小学生の主人公と同じくらい小柄な人間だけ。
 主人公の願いを聞き入れ鈴木君(神様)は犯人に天誅を下した。そしてその犯人とは主人公が恋心をいただいていたミチルちゃんだった。これは現場検証にミチルちゃんだけが主人公につきあったことなどからなんとなく予想していた展開ではあった。しかしもちろんそれだけで終わるわけはない。ミチルちゃんには共犯者がいてその共犯者と「エッチなこと」をしている現場を目撃されたため英樹は殺されたのだという。確かに共犯者がいなければ為し得ない犯行であった。そこで主人公は推理する。共犯者は警察である主人公の父親である、と。もしそうであるならば現場に犯人がいた痕跡がないのも当然のことだし、ミチルちゃんが英樹の死体を発見したときにほかの警察より主人公の父親を呼ぼうとしたこともうなずけるし、犯人が裏庭に潜んでいる可能性が大きかったのにもかかわらず、父親が無理に主人公を裏庭にむかわせようとしたのは自分が脱出するルートを確保するためと考えられるからだ。この衝撃の展開もさることながら、小学生でありながらここまで論理だてて推理できる主人公に驚かされる。なんという残酷などんでん返しであることか・・・と思ったも束の間。さらに大どんでん返しが待っているのである。
 主人公は鈴木君(神様)に共犯者にも天誅を与えてくれるよう頼む。その結果死んだのは主人公の父親ではなく母親だったのだ!正直この展開にはわけがわからなかった。「ただひとつだけはっきりしていることがある。それはこれが神様の天誅の結果であり、神様は間違えないということ。たとえどんなに信じられなくても、そこにはただ真実のみがあるはずだ。」とこの結末=主人公の母親が共犯者であったことは揺るぎない真実であるのだということが明示され物語はぷっつりと終わってしまう。残るはたくさんの?である。母親が犯人であるならば、ミチルちゃんと父親のとった行動の不可思議性はいったいなにによるものなのか?母親が犯人であることに気づき(共犯ではないが)事件をもみ消そうとしたのか?(これが一番納得のいく気がするがやはりやや釈然としないものがある。)ミチルちゃんと母親が女どおしで「エッチなこと」をしていたというのか?(というかそんな内容を児童向けの本に盛り込んでよいのか・・・)父親が犯人であるという主人公の推理はとても筋の通ったものであり、どんでん返しとしても素晴らしい内容であったのにもかかわらず特に伏線のない母親を強引に真犯人にした作者の意図はなんなのか?とにかく謎ばかりである。
 辛辣な内容はさておき、児童向けだけあって同作者の作品の中では抜群に読みやすく息をつかせぬ展開であっというまに読めてしまった。それだけにラストの展開はもう少しでいいから説明がほしかった。
★★★★(4)
[PR]
by mysterylover | 2008-10-06 18:52 | 麻耶雄嵩 | Comments(0)


検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧