人気ブログランキング |

読書記録


ミステリーを中心とした読書記録※ネタバレ多数あり
by mysterylover
カテゴリ
以前の記事
2020年 05月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
メモ帳
※個人的な感想・評価(五つ星)です。
※ネタバレにつながる部分が多数あります。

カテゴリ:その他著者( 184 )

海を見ないで陸を見よう

犯人の意外性もトリックの意外性も物足りなく、好みではなかった。
★★(2)

by mysterylover | 2019-12-02 00:59 | その他著者

あなたもスマホに殺される

あなたもスマホに殺される_b0141535_01300184.jpg
 体罰を行っていた「押尾先生」=美人妻の響子という叙述トリックに見事にやられた!「押尾先生」の体罰や言葉がかなり過激なので男だと思い込まされていた。終盤で押尾と主人公が対峙するシーンも真相がわかったうえで読み返してみるとなるほどうまくできている。主人公が響子に頭が上がらず日常的に敬語でしゃべっていたのもミスリードとしてうまく作用している。「洗脳」という言葉が多々出てきたが、結局主人公は最初から響子に洗脳されていたというわけだ。
★★★★(4.5)

by mysterylover | 2019-11-04 01:40 | その他著者

T型フォード殺人事件

T型フォード殺人事件_b0141535_14493449.jpg
・「T型フォード殺人事件」★★★(3)
 物理トリックも途中で「私」が入れ替わる叙述トリックも響かず。過去の恋愛話のドロドロは面白かった。

・「殺そうとした」★★★(3)
 完全犯罪を企むも、殺意を確信され返り討ちにあってしまう話。

・「立体交差」★★★(3.5)
 未来の自分からこれこれこうすればこのような未来が待っているんですよと教えられる話。その教えに背いてしまうラストが印象的だった。

by mysterylover | 2019-10-22 14:57 | その他著者

猫間地獄のわらべ歌

猫間地獄のわらべ歌_b0141535_23385261.jpg
 主役が犯人なのも、探偵が犯人なのも、登場人物のほとんどが共犯だったのも、推理小説と思わせておいて時代小説だった「ジャンル跨りトリック」だからあり!というなんともぶっ飛んだ展開に驚愕。とんだバカミスだなーというのが正直な感想。主人公が実は女だったという叙述トリックは抱きしめられることに過剰反応していた伏線などがあったのでまぁ納得。(BL展開かと思っていた笑)面白く読めはしたがやはり力技な印象は残った。
★★★(3.5)

by mysterylover | 2019-09-03 23:48 | その他著者

開かせていただき光栄です

開かせていただき光栄です_b0141535_23183997.jpg
友人を死んだと思い込ませるため、別人の死体を友人の死体に仕立て上げるため、友人の足には足枷の痕があり、死体の足首に同じ傷をつけるのは不可能だから、死体の脚や腕を切ったというワイダニット。ストーリー自体も面白く、テンポよく読むことができた。
★★★★(4)

by mysterylover | 2019-07-10 23:25 | その他著者

「わが麗しのきみよ……」光原百合

 語り手=僕と思わせて、僕=しもべと読み別人というどんでん返し。「朗読するわけにはいかない」、治安判事が語り手にいちいち意見を求めている(若い召使いに対する態度とは思えない)、「医者」というキーワードが出てくるのにそれに該当する人物の描写がない(実は語り手が医者)など伏線もしっかりはられており良作。
★★★★(4)

by mysterylover | 2019-06-26 20:32 | その他著者

暗黒女子

暗黒女子_b0141535_00565634.jpg
 5人の少女が自作の小説を通していつみを殺した犯人を名指しする。それそれの主張がまったく食い違っているだけにいったい何がどうなっているのか?と思って読み進めていくとまさかのどんでん返し。いつみは5人の弱みを握り自分が主役として輝くための脇役としてそばに置いていたのだ。5人の小説で描かれるいつみとのエピソードはすべてそれぞれが都合のいいように脚色したもの。いつみは死んだふりをしていただけで自分をはめた5人に仕返しをするためにこの場を設けたという。闇鍋の設定がやや不自然に思えたのだがそれも毒を入れるため。5人の小説の中でいつみがだるそうにしていたり、爪や髪の伸びるのが早くなったりしていたのはすべて妊娠が理由だった。なるほど!と思っているとさらなるどんでん返し。常にいつみの影として支えていた小百合が母として平凡になってしまういつみに失望し、彼女を用意した毒で殺したというのだ。そして闇鍋で皆が食べていたのはいつみ自身!最初から最後まで面白くて一気に読み切ってしまった。
★★★★(4)

by mysterylover | 2019-06-17 01:06 | その他著者

小説秒速5センチメートル

小説秒速5センチメートル_b0141535_22554622.jpg
 小説を読んで初めて理解できた部分もあったが反面知りたくなかった部分もあった。
澄田の好意に気づきながらも告白させないようにした、というのは意外だった。てっきり気づいていなのかと。
アニメでは貴樹は仕事を衝動的にやめたクズ人間ともとれる描かれ方がされているが、小説では職場では優秀だったこと、やめたくなるのも仕方ないと納得できる環境が描かれている。そして新しく仕事も始め前にすすんでいる。
アニメでは明里は貴樹のことなど忘れて他の男と幸せになるよう描かれているが小説では貴樹とのことを大切な思い出としてしっかり覚えているのがわかる。
アニメではそんなに初恋を引きずっているなら会いに行けよ!と思ったが、小説で実は空白期間に普通に恋愛していました、明里のことは引きずっていませんでしたと分かるとそれはそれで興ざめしてしまう。アニメで感じた美しい何かが破壊されてしまったような魅力が色あせてしまったような感覚。

by mysterylover | 2019-05-06 23:07 | その他著者

悪いものが、来ませんように

悪いものが、来ませんように_b0141535_12241529.jpg
 奈津子と紗英が友人と見せかけて親子という叙述トリック。なぜかこの2人を姉妹だと思い込んでいて鞠絵とどちらかが同一人物?なんて見当違いなことを考えていた。この叙述トリックの伏線が見事に張り巡らされている。67頁「いいでしょ、別にお姉ちゃんの子じゃないんだし」奈津子の子と見せかけて鞠絵自身の子である梨里のことを言っている。奈津子にとっては孫なのだ。73頁「みんながちゃんとしてないと、みんなのお母さんがダメな人だと思われるんだよ」しっかりものの奈津子が友人をたしなめたと見せかけて母親としての立場から発言している。121頁「梨里と紗英の子が遊んでるところを見るのが私の夢なの。どう?そろそろ叶えてくれる気にならない?」自分の子と友人の子が、と見せかけて自分の娘2人の子が、という意味。123頁「親子でお揃いのワンピースで来た」奈津子と紗英の異常な親子関係を表している。186頁鞠絵の証言。母=奈津子のことについてずばり話している。203頁「結婚式の前の晩はなっちゃんと過ごそうとずっと前から決めていたからだ。女ふたりで過ごす独身最後の夜。お酒を飲みながら、ふたりで幼い頃からのことを順番に思い出していくのが夢だった。」仲の良い女友達とのことと見せかけて母親との異常な関係性を表している。
 ラストのどんでん返し、紗英が殺したのを奈津子がさも自分がやったかのようにふるまったというのは蛇足な気もしたが「母の愛」がテーマの作品なんだなと思った。
★★★★(4)

by mysterylover | 2019-04-30 12:24 | その他著者

魔眼の匣の殺人

魔眼の匣の殺人_b0141535_20324392.jpg
 クローズドサークル内で男が2人女が2人死ぬと予言された。自分がその予言によって死なないために先に他のメンバーを殺すという動機はなかなか斬新だがさほど驚きはなかった。
 しかしこの作品がすごいのはここから。予言者サキミと思われた人物は実は別人であり、研究ノート内に出てきた「岡町」だったのだ。岡町はさも男のように描かれており、叙述トリックが実にうまく張り巡らされている。見事だ。
★★★★(4)

by mysterylover | 2019-04-27 20:32 | その他著者


検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧