読書記録


ミステリーを中心とした読書記録※ネタバレ多数あり
by mysterylover
カテゴリ
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
最新のコメント
6月は著者にとって何かし..
by オマケ at 23:59
>つけめんデリックさん ..
by mysterylover at 16:31
まず、警察が浄水器を検査..
by つけめんデリック at 02:47
メモ帳
※個人的な感想・評価(五つ星)です。
※ネタバレにつながる部分が多数あります。

カテゴリ:鮎川哲也( 3 )

薔薇荘殺人事件

 色盲を隠すための殺人、作者からの挑戦文を逆に読むと犯人の名前が浮き上がってくる・・・あぁこの作者の作品だなぁと。物語の世界に入っていきにくい古典を翻訳したような文章も相変わらず。最初に登場した薔薇荘の持ち主と事件中の持ち主が別人であること、被害者が口にした「にせもの」が作品のことではなくその持ち主のことだったというのがこの話のみそになっている。
★★★(3.5)
by mysterylover | 2011-08-20 16:49 | 鮎川哲也 | Comments(0)

達也が嗤う

b0141535_1653812.jpg
 
 男性と思われる作者が実は女性、女性だと思われた登場人物が実は男性、密室殺人だと思われた事件が実は自殺、などなど短い話の中にどんでん返しがてんこもりになっている。そしてさらにすごいのはタイトルを後ろ読みすると犯人がわかるようになっているというところだ。死を間際にして犯人は男か女かと問われたので女と達也は答えたわけだが、普通犯人の名を聞くし言うような・・・などと考えるのはまぁ無粋であろう。
★★★★(4)
by mysterylover | 2011-07-08 15:28 | 鮎川哲也 | Comments(0)

りら荘事件

b0141535_1651447.jpg
 
 トランプの数字が殺人の順番をごまかすためであることはすぐに気付いたし、警察の無能っぷりや仲間を殺したとされる人物と平然と共に過ごす登場人物たちにはリアリティがまったく感じられなかった。とはいえとある人物が色盲であることの伏線はなかなかよかったし、何より毒ココアを犯人自身が飲んでいながら自らの肌色を白くするために砒素を飲みなれていた彼女には毒がきかなかった、というのは非常にインパクトがあった。
★★★(3.5)
by mysterylover | 2011-07-08 15:23 | 鮎川哲也 | Comments(0)


検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧