読書記録


ミステリーを中心とした読書記録※ネタバレ多数あり
by mysterylover
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
6月は著者にとって何かし..
by オマケ at 23:59
>つけめんデリックさん ..
by mysterylover at 16:31
まず、警察が浄水器を検査..
by つけめんデリック at 02:47
メモ帳
※個人的な感想・評価(五つ星)です。
※ネタバレにつながる部分が多数あります。

女王はかえらない

b0141535_12174721.jpg

 第一部と第二部のエリカ、マキが別人なのはすぐにわかったし、偶然同じ名前の生徒がいるというのはご都合主義だなと思った。が、驚かされたのはここから。第一部での語り手である「ぼく」は第二部の語り手である大崎真琴と同一人物なのだ。「ぼく」という第一人称と「オッサン」というあだ名に騙されてしまうが、彼女は女性。よって彼女の恋愛対象である「メグ」は男性であり、「メグがマキの机にしていたこと」は落書きと思わせておいて抱擁だったのだ。つまり、メグはマキが好きだった。そのことに気付いた真琴はマキを抹殺することにした。クラスの平和のためという嘘の理由で取り繕って。
 最終的に真琴とメグは結婚した。メグは真琴の罪を知っている。だから2人は子供を作らない。女王はもう孵らないのだから。そう考えるとタイトルの意味もより深く感じられなるほどと感嘆してしまう。
★★★★(4)
[PR]
by mysterylover | 2016-05-31 12:27 | その他著者 | Comments(0)
<< そして誰かいなくなった 島はぼくらと >>


検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧