読書記録


ミステリーを中心とした読書記録※ネタバレ多数あり
by mysterylover
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
6月は著者にとって何かし..
by オマケ at 23:59
>つけめんデリックさん ..
by mysterylover at 16:31
まず、警察が浄水器を検査..
by つけめんデリック at 02:47
メモ帳
※個人的な感想・評価(五つ星)です。
※ネタバレにつながる部分が多数あります。

推理小説代表作選集

b0141535_15315276.jpg

・「子を思う闇」貫井徳郎★★★(3.5)
 父親の罪を知った保彦が路人の反抗の始まりとなった「おっさん」という言葉を発することで終わるのが印象的。ただ、「やられた」というのとはちょっと違うかと思う。

・「経理課心中」山田正紀★★★(3)
 ややおちが物足りない印象。

・「プラットホームのカオス」歌野晶午★★★★(4)
 意外な犯人、ミスリードの巧みさがさすが。

・「マリーゴールド」永井するみ★★★(3)
 ちょっとした行き違いから起こった犯罪。

・「猟奇小説家」我孫子武丸★★★(3)
 意外な展開ではあるがインパクトには欠ける。

・「音の密室」今邑彩★★★(3.5)
 盗聴されている事実を知っていることを生かした他殺を装った自殺。

・「彼なりの美学」小池真理子★★★(3)
 実際この男ならやりかねないだろ・・・と思ってしまった。

・「刑事部屋の容疑者たち」★★★★(4)
 清清しいバカミス。

・「鑑定証拠」中嶋博行★★★(3)
 専門的な話が多くてややとっつきにくい印象。

・「わざわざの鎖」佐野洋★★★(3)
 盗難の被害者に見せかけた犯人。

・「背信の交点」法月綸太郎★★★★(4)
 夫と不倫女の心中と見せかけて実は妻がその二人とそれぞれ心中の約束をしていたというどんでん返し。最後の最後まで意外な展開が待っていて面白かった。

・「右手に秋風」渡辺容子★★★★(4)
 鮮やかな万引きの手口やそれと格闘する主人公の姿が興味深かった。

・「裁かれる女」連城三紀彦★★★(3.5)
 作者特有の筆力に翻弄させられた。妻=女という思い込みを利用したのも印象的。

・「死ぬ時は意地悪」西澤保彦★★★(3.5)
 自殺の理由が衝撃的。というかこの教師ってあのシリーズのあの人ですかい!というのがある意味一番衝撃(笑)

・「ポートレート」北森鴻★★★(3)
 どんでん返しはあるのだが伏線などがないので微妙な印象。
[PR]
by mysterylover | 2014-03-28 17:23 | その他著者 | Comments(0)
<< 五声のリチェルカーレ 廃用身 >>


検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧