読書記録


ミステリーを中心とした読書記録※ネタバレ多数あり
by mysterylover
カテゴリ
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
最新のコメント
6月は著者にとって何かし..
by オマケ at 23:59
>つけめんデリックさん ..
by mysterylover at 16:31
まず、警察が浄水器を検査..
by つけめんデリック at 02:47
メモ帳
※個人的な感想・評価(五つ星)です。
※ネタバレにつながる部分が多数あります。

七つの海を照らす星

b0141535_1252466.jpg

・「今は亡き星の光も」★★★(3.5)
 不良にみえた少女が実は病気を隠し、自分を強く見せかけていたというどんでん返し。

・「滅びの指輪」★★★★(4)
 万引きで捕まり自分の名を金持ちの娘、美寿々と偽った少女優姫。彼女は立派に更正したように見えたが謎の大金を持っている。何か悪いことをしているのか―その真相は父親の性的虐待から逃れたかった美寿々と何も手に入れられない自分の立場を変えたいと願っていた優姫が美寿々の父親を脅し入れ替わったというもの。このどんでん返しにはかなり衝撃を受けた。美寿々に成り代わった優姫と父親が仲良く歩いていくというラストも印象的。

・「血文字の短冊」★★★(3)
 登場人物が実は外人だったことによる勘違いが謎の仕掛けとなっているのだがあまりピンとこずインパクトに欠けた。

・「夏期転住」★★★(3.5)
 黄色の旗を洋服に見せかけ他の学園の男の子の中に紛れて身を隠した直の正体が実は男だった(だからこそそのトリックが成り得た)というのはなかなか面白かった。後の編で実は直は女の子だったことが分かるのだが・・・

・「裏庭」★★(2.5)
 時系列トリックにあっさり気づいてしまい物足りない印象だった。

・「暗闇の天使」★★★★(4)
 謎の声の正体が男の姿をしているが中身は女性である警備員さんのものというどんでん返しが衝撃的だった。美少女と警備員さんのやりとりはご都合主義な気もしたが次の編で明かされる真実で納得。

・「七つの海を照らす星」★★★(3.5)
 「夏期転住」の直を含め今までの話で登場していた謎の女の子の正体が主人公の友達であり、時に探偵役をつとめていた佳音だったいうどんでん返し。個人的には海王さん=佳音のような衝撃を期待していたのでちょっと肩透かし感もあった。彼女の名前も回文であるということで夏期転住でやたら回文を押していたのはこれがやりたかったのね、という印象。それよりもここで明かされた「暗闇の天使」の美少女(佳音)と警備員のやりとりが納得のいくものでよかった。

全体的に好みの物語とは違ったがところどころでやられる部分もありそこそこ楽しめた。
 
by mysterylover | 2012-01-19 15:35 | 七河迦南 | Comments(0)
<< DEATH NOTE 光と影の誘惑 >>


検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧