人気ブログランキング |

読書記録


ミステリーを中心とした読書記録※ネタバレ多数あり
by mysterylover
カテゴリ
以前の記事
2020年 05月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
メモ帳
※個人的な感想・評価(五つ星)です。
※ネタバレにつながる部分が多数あります。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!小説アンソロジー

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!小説アンソロジー_b0141535_09432237.jpg
・谷川ニコ「モテないし夏休みのとある一日」★★★★(4)
もこっちとこみさんの関係性、いいよね、いい……

・辻真先「私がウレないのはどう考えても読者が悪い!」★★(2.5)
 この作品だけ明らかに浮いているような(汗)もこっちはこんなこと言わない!智貴はこんなこと言わない!というような部分が多数あり。最後の叙述トリックだけはちょっと面白かった。
 
・青崎有吾「前髪は空を向いている」★★★★(4)
 あーちゃんの内面の掘り下げがよき。あーちゃんと吉田の会話もまたよき。

・相沢沙呼「夏帆」★★★★(4)
 漫画を読んでいるときからこの地味めの子も加藤さんグループなんだ、とちょっと意外に思っていたがそういう経緯があったのね!というか加藤さんって裏があるのかな?って思っていたが本当に純粋にこういう子なんだ!

・円居挽「モテないしラブホに行く」★★★★(4)
 私モテの世界観をしっかり捉えながらも、時系列トリックが使われていたり、流行っている映画の登場人物の髪型の描写が伏線になっていたりとミステリーとしても完成されている。

# by mysterylover | 2020-05-17 09:56

間宵の母

間宵の母_b0141535_23210721.jpg
皆に慕われる「いいおじさん」の正体が実は子供にドラッグを与え、性的ないたずらを行っていた小児性愛者だったというのはなかなか面白かったし、若者の軽快な語り口の描写も相変わらずうまい。だが、死者が生者に寄生し、人格を乗っ取ってしまうというホラー的なオチにはがっかり。
★★★(3.5)

# by mysterylover | 2019-12-22 23:29 | 歌野晶午

海を見ないで陸を見よう

犯人の意外性もトリックの意外性も物足りなく、好みではなかった。
★★(2)

# by mysterylover | 2019-12-02 00:59 | その他著者

あなたもスマホに殺される

あなたもスマホに殺される_b0141535_01300184.jpg
 体罰を行っていた「押尾先生」=美人妻の響子という叙述トリックに見事にやられた!「押尾先生」の体罰や言葉がかなり過激なので男だと思い込まされていた。終盤で押尾と主人公が対峙するシーンも真相がわかったうえで読み返してみるとなるほどうまくできている。主人公が響子に頭が上がらず日常的に敬語でしゃべっていたのもミスリードとしてうまく作用している。「洗脳」という言葉が多々出てきたが、結局主人公は最初から響子に洗脳されていたというわけだ。
★★★★(4.5)

# by mysterylover | 2019-11-04 01:40 | その他著者

ハロー・ワールド

ハロー・ワールド_b0141535_22072267.jpg
脳死した瑠璃を救うためにカタガキナオミが奮闘していた、とみせかけて実は脳死したのはナオミでありそれを救ったのは瑠璃だったというどんでん返し。期待したほどのどんでん返しではなかったし、そこに至るまでの過程がやや退屈な印象。野崎まどの他作品に比べると弱い気がする。
★★★(3)

# by mysterylover | 2019-10-27 22:12 | 野崎まど

T型フォード殺人事件

T型フォード殺人事件_b0141535_14493449.jpg
・「T型フォード殺人事件」★★★(3)
 物理トリックも途中で「私」が入れ替わる叙述トリックも響かず。過去の恋愛話のドロドロは面白かった。

・「殺そうとした」★★★(3)
 完全犯罪を企むも、殺意を確信され返り討ちにあってしまう話。

・「立体交差」★★★(3.5)
 未来の自分からこれこれこうすればこのような未来が待っているんですよと教えられる話。その教えに背いてしまうラストが印象的だった。

# by mysterylover | 2019-10-22 14:57 | その他著者

遅れて来た客

遅れて来た客_b0141535_22153202.jpg
・遅れて来た客★★★(3.5)
 ストーリーは面白いのだがどんなどんでん返しが待っているのだろう?と期待して読むと肩透かし。なんのどんでん返しもないまま世にも不思議な物語的に終わってしまう。

・家主★★★(3.5)
 これもミステリーというよりは怪奇小説。アパートが1人の人間になっているというのは少し面白かったが…

・家庭教師★★★(3.5)
 こちらも話としては面白いのだが、ひき逃げをした夫婦の子供にひかれたカップルが乗り移るというとんでも設定が当たり前のように使われているのがなんとも。赤川次郎の作品は物理的などんでん返しを期待して読んではいけないのかもしれない。

# by mysterylover | 2019-09-23 22:23 | 赤川次郎

ディレクターズ・カット

ディレクターズ・カット_b0141535_01512922.jpg
 虎太郎が裏切っているのではないかとは思っていたが、リンネに襲われたときに返り討ちにし、彼に成りすましていたとは驚いた。長谷見のかわりに起田が殺されたというのは偶然によるところが大きく、起田の人物像からしてもう少し強いどんでん返しがほしかった気もする。いかに編集をしたかについても語りすぎだ。とはいえ全体的に面白く読めたし、テレビ業界の闇やネット住民の在り方などはうまく描かれていたと思う。
★★★★(4)

# by mysterylover | 2019-09-16 02:09 | 歌野晶午

猫間地獄のわらべ歌

猫間地獄のわらべ歌_b0141535_23385261.jpg
 主役が犯人なのも、探偵が犯人なのも、登場人物のほとんどが共犯だったのも、推理小説と思わせておいて時代小説だった「ジャンル跨りトリック」だからあり!というなんともぶっ飛んだ展開に驚愕。とんだバカミスだなーというのが正直な感想。主人公が実は女だったという叙述トリックは抱きしめられることに過剰反応していた伏線などがあったのでまぁ納得。(BL展開かと思っていた笑)面白く読めはしたがやはり力技な印象は残った。
★★★(3.5)

# by mysterylover | 2019-09-03 23:48 | その他著者


検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧